NY外為:ユーロが下落、ECB総裁発言で-円は上昇

ニューヨーク外国為替市場ではユー ロが対ドルで下落。欧州中央銀行(ECB)がユーロ高をデフレリスク とみなし、注視していることを示唆したため売りが優勢になった。ウク ライナ情勢の混乱と中国経済に対する悲観的な見方を背景に、逃避需要 から円は上昇した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。