ドラギ総裁:ユーロ高をECBガイダンスが抑える可能性も

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総 裁は13日、同中銀のフォワードガイダンス(時間軸政策)がユーロ値下 がりと実質金利低下につながる可能性を指摘し、インフレ率がECBの 目安とする水準に戻らないリスクが後退するとの見方を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。