欧州債:アイルランド債上昇、利回り過去最低に-市場復帰で

13日の欧州債市場では、アイルラン ド10年債利回りが過去最低まで低下。同国が2010年以来初めて国債入札 を実施し、ユーロ圏債務危機が和らいでいる最新の兆候と受け止められ た。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチの指数によれば、 ギリシャとアイルランド、イタリア、ポルトガル、スペイン各国国債の 最終利回りの平均は今週、ユーロ導入以後の最低を付けた。債務危機時 に機能不全となったソブリン債市場に投資家の信頼が戻ってきているこ とが背景にある。ドイツ国債も上昇。クリミア半島をめぐる緊張の高ま りで域内で最も安全とされる同国債の需要が高まった。

イタリア国債はほぼ変わらず。同国財務省は2016年と21年、28 年、37年に満期を迎える国債を計77億5000万ユーロ発行した。

ソシエテ・ジェネラルの欧州金利戦略責任者、キアラン・オヘガン 氏(パリ在勤)は「スペインやイタリア、ポルトガルの国債、ならびに 社債に目を向けた場合、いずれも好調だ」と発言。「債務を持続的にす るため政府に必要なのは、高い成長率とインフレ率だ。現在の低利回り は、将来的に高成長をもたらす土台を築くため改革に真剣に取り組む機 会を政府にもたらしてる」と語った。

ロンドン時間午後4時48分現在、既発のアイルランド10年債利回り は前日比2ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の3.02%。 一時は2.99%まで下げ、過去最低を記録した。11年7月には14.22% と、ユーロ導入以後の最高に達していた。同国債(表面利 率3.4%、2024年3月償還)価格はこの日、0.175上げ103.23。

アイルランド国債管理庁(NTMA)によれば、2024年3月償還の 新発債の落札利回りは2.967%で、10年債入札としては過去最低の水準 だった。応札倍率は2.9倍。

ドイツ10年債利回りは6bp低下の1.54%と、昨年7月24日以来の 低水準となった。

原題:Irish Bonds Climb as Yields Drop to Record Low in Market Return(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE