フィッシャー次期FRB副議長候補:低成長は雇用への脅威

次期米連邦準備制度理事会 (FRB)副議長に指名されたスタンレー・フィッシャー氏は、経済成 長の減速が雇用機会を抑制し、家計に打撃を与えると述べた。

フィッシャー氏は上院銀行委で行われた指名承認の公聴会に出席。 質疑応答で、「低成長は抽象概念ではない」と述べ、「低い経済成長で は国民が仕事を見つけられず、家計から食費を捻出するにも問題が生じ る。このことが理解できない人は本気で、政策決定者になるべきではな い。私はこの点については理解していると思う」と続けた。

原題:Fischer Says Slow Growth ‘Not An Abstraction,’ Threatens Jobs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE