賃上げの春、ベア満額割れ相次ぐ-アベノミクスは息切れ懸念も

トヨタ自動車など業績改善を背景に 春闘でベースアップ(ベア)に踏み切る国内企業が相次いでいる。雇用 や協調を重視する労使関係の中で要求額を下回る回答が多く、安倍晋三 首相が目指す消費拡大につながるか疑問視する声もある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。