NY連銀:2012年に外為市場の指標レートの算出方法を調査

ニューヨーク連銀は2012年に外為市 場の指標レートがどのように算出されるか調査を実施していた。当時は ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)が操作されているとの批判が高 まっていた。

同連銀のアンドレア・プリースト報道官は「他の市場で指標レート が焦点になっていることを考慮し、われわれは外為市場で一般的に用い られているさまざまな指標レートへの理解を深めようとした」との声明 を電子メールで送付した。ニューヨーク連銀が支援する外国為替委員会 が「既存のレートの一覧作りに着手した。この取り組みは外為レートに 特定した懸念を反映したものではなかった」という。

同委員会の12年10月3日の会合の議事録によれば、ニューヨーク連 銀の代表は「外為市場のベンチマークの範囲や種類、用途についてより 多くの情報を収集したい考えを示した」。同会合にはバークレイズやゴ ールドマン・サックス・グループ、ブラックロックの代表が出席し た。12年11月14日の会合議事録よると、ニューヨーク連銀の当局者は同 委員会に「外為市場で重要な指標レートの一覧作り」を要請した。

12年のニューヨーク連銀による外為レートの調査については、米紙 ウォールストリート・ジャーナルが先に報じた。

原題:New York Fed Examined How FX Benchmarks Were Calculated in 2012(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE