ファニーメイとフレディマック廃止法案に高い政治的ハードル

米政府支援機関(GSE)である住 宅金融会社ファニーメイ(連邦住宅抵当金庫)とフレディマック(連邦 住宅貸付抵当公社)の廃止を盛り込んだ米上院超党派議員による法案が 法制化されるには、短期間に多くの政治的ハードルを乗り越えなければ ならない。このため住宅金融改革が年内に実現する可能性は低くなって いる。

上院銀行委員会指導部によると、この法案は民間資本が大きな損失 を被った場合、ファニーメイとフレディマックの機能を政府の保証保険 が引き継ぐとする内容。指導部は今週中の公表を予定している。

中間選挙に議員の関心が移る前の向こう4カ月間に、この法案が必 要な支持を集められるかどうかはなお不透明だ。民主党上院議員のスタ ッフは、指導部がこの法律制定に今のところ熱心ではないと話してい る。

銀行委のスタッフを務めた経験があり、現在は米ケイトー研究所に 勤務するマーク・カラブリア氏は法制化について「可能性はあるが、明 らかに実現しそうにない」とした上で、「法案が大統領の机に届く可能 性は10%程度だろう」と述べた。

法律が成立する見通しが暗いもかかわらず投資家の懸念は緩和され ておらず、両GSEの株価は続落した。11日に31%下落したファニーメ イ株はこの日、12%安の3.54ドルで終了。フレディマックは前日27%下 落していたが、この日も17%下げて3.36ドル。

原題:Senate’s Fannie Mae Wind-Down Faces High Political Hurdles (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE