ごみ箱やコーヒーカップも競売に-バチスタ氏、資金調達に懸命

実業家エイキ・バチスタ氏率いるブ ラジルの石油会社オレオ・エ・ガス・パルチシパソンエスは、ごみ箱や コーヒーカップなどあらゆる物品を売却する予定だ。同社は資金調達に 奔走しており、中南米で過去最大となった社債デフォルト(債務不履 行)からの再起を目指している。

ブラジルのネット市場ウェブサイト、SOLDレイロンエス・オン ラインによると、オレオ・エ・ガス・パルチシパソンエスは12日、会議 用テーブルやラップトップ型コンピューター、オーブントースターなど のオフィス備品をオークションに出品した。以前の社名OGXペトロリ オ・エ・ガス・パルチシパソンエスのロゴ「OGX」が入ったコーヒー カップ1セットには270レアル(約1万2000円)、冷蔵庫には540レアル の値が付いた。ウェブサイトによると、オークションは、会社更生法に 基づきオレオ・エ・ガス・パルチシパソンエスの更生手続きを管轄する リオデジャネイロの裁判所の承認を待っている。

OGXは昨年10月に破産法適用を申請。パシフィック・インベスト メント・マネジメント(PIMCO)など債権者が今年2月に支配的保 有数の株式と引き換えに資金を注入することに合意したため、清算の回 避を目指している。事情に詳しい関係者2人が今月7日、ブルームバー グに明らかにしたところによると、オレオ・エ・ガス・パルチシパソン エスは早ければ来週にも第一弾として1億2500万ドル(約130億円)を 受け取る予定。同社は電子メールで質問に回答を寄せ、オークションに ついてのコメントを控えた。

この日のオークションには666ロットが出品され、最高値を付けた のはファイルキャビネットで5820レアル。損傷したサンドイッチトース ターなど一部の物品には応札がなかった。

原題:Batista Auctions $114 Coffee Cups as OGX Awaits Pimco Funds (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE