米モルガンS、石油事業責任者にキング氏を任命

米モルガン・スタンレーはナンシ ー・キング氏を石油関連事業担当の責任者に任命するとともに、幹部レ ベルで数人を同事業で新たな役職に指名した。同行はグローバル石油マ ーチャンティング事業をロシア最大の石油会社ロスネフチの子会社に売 却することで合意している。

ブルームバーグ・ニュースが入手した文書によると、商品部門で最 高リスク管理責任者(CRO)を務めていたキング氏は、残る石油関連 事業をニューヨークから統括する予定。キング氏は商品取引事業の共同 責任者であるコーリン・ブライス氏(ロンドン在勤)とサイモン・グリ ーンシールズ氏(ニューヨーク在勤)の直属となる。モルガン・スタン レーの広報担当者ヒュー・フレーザー氏(ロンドン在勤)が文書の内容 を確認した。

収入が落ち込み規制が強化される中、JPモルガン・チェースやモ ルガン・スタンレーなどの銀行は商品事業からの撤退や商品市場での活 動縮小を進めている。

モルガン・スタンレーが昨年12月20日に発表した資料によると、同 行は在庫や貯蔵契約、販売・供給合意、海運関連の契約などをロスネフ チに売却する。金銭面での条件については公表されなかった。米国と英 国、シンガポールのフロントオフィス幹部約100人がロスネフチに移籍 する予定で、これはモルガン・スタンレーの商品部門のフロントオフィ ス人員の約3分の1に相当する。

原題:Morgan Stanley Appoints King as Oil Head Amid Rosneft Deal (1)(抜粋)

--取材協力:Michael J. Moore、Claudia Carpenter.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE