ソフトバンク社長講演:当局の反対姿勢転換は依然困難-識者

ソフトバンクの孫正義社長は11日の ワシントンでの講演で、同社が提供する無線インターネットサービスは 低価格とスピードの速さでケーブル回線を使った米国の通信会社に対抗 できると訴えた。しかし、同社長が狙うTモバイルUS買収に対する米 規制当局の懸念を和らげることは恐らくないだろう。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。