債券は下落、日銀買いオペ「10年超」減額を警戒-先物は一時急落も

債券相場は下落。日本銀行がきょう 実施した長期国債買い入れオペで、残存「10年超」を減額したことで需 給悪化に対する警戒感から売りが優勢となった。現物債市場では超長期 ゾーン中心に安くなり、先物は急落する場面があった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。