元ゴールドマンのトゥール氏に8500万円支払い命令-アバカスで

米銀ゴールドマン・サックス・グル ープの元バイスプレジデント、ファブリス・トゥール氏が合成債務担保 証券(CDO)で投資家を欺いたとして米証券取引委員会(SEC)が 起こした訴訟で、ニューヨーク州マンハッタンの連邦地裁は約82万5000 ドル(約8500万円)余りの支払いを同氏に命じる決定を下した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。