元ゴールドマンのトゥール氏に8500万円支払い命令-アバカスで

米銀ゴールドマン・サックス・グル ープの元バイスプレジデント、ファブリス・トゥール氏が合成債務担保 証券(CDO)で投資家を欺いたとして米証券取引委員会(SEC)が 起こした訴訟で、ニューヨーク州マンハッタンの連邦地裁は約82万5000 ドル(約8500万円)余りの支払いを同氏に命じる決定を下した。

マンハッタンの連邦地裁のキャサリン・フォレスト判事は12日、ト ゥール氏に対し、民事制裁金65万ドルの支払いに加えて、2007年分のボ ーナス17万5463ドルと金利の返還を命じた。また、同氏がゴールドマン に制裁金の支払いを求めることはできないとした。

SECは、サブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン債権 を組み込んだ「アバカス2007-AC1」と呼ばれる合成CDOについ て、トゥール氏(35)が投資家を意図的に欺いたと訴え、陪審が昨年8 月1日に同氏の責任を認定した。

アバカスの原資産である証券の選定には、資産家のジョン・ポール ソン氏が創業したヘッジファンド運用会社ポールソンが関わっており、 同社はこの契約が破綻した場合に多額の利益が得られる投資を同時に行 っていた。トゥール氏がポールソンの立場に関する情報を偽っていたと SECは主張した。

原題:Ex-Goldman VP Tourre Ordered to Pay $825,000 in SEC Case (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE