新興市場株が下落、中国の景気鈍化観測で-ロシア債利回り上昇

12日の新興市場の株式相場は1カ月 ぶりの安値に下落。中国の景気鈍化で世界の経済成長が阻まれるとの懸 念が広がり、工業株とハイテク株が下げた。ロシアのルーブル建て債利 回りは過去最高水準に上昇した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。