新興市場株が下落、中国の景気鈍化観測で-ロシア債利回り上昇

12日の新興市場の株式相場は1カ月 ぶりの安値に下落。中国の景気鈍化で世界の経済成長が阻まれるとの懸 念が広がり、工業株とハイテク株が下げた。ロシアのルーブル建て債利 回りは過去最高水準に上昇した。

MSCI新興市場指数は前日比1.2%安の944.63と、2月10日以来 の安値。香港市場のハンセン中国企業株(H株)指数も8カ月ぶりの水 準に下落し、弱気相場に近づいた。ロシア株の指標のMICEX指数 は2.6%安。2027年2月償還のロシア国債利回りは12年2月の発行以来 最高の水準に上昇した。ドバイ金融市場総合指数を中心にペルシャ湾岸 諸国の株価指数も下落した。

中国の輸出が2009年以来最大の落ち込みを示したことを受け、13日 発表の工業生産の伸びが鈍化するとの観測が株価を下押しした。輸出統 計は今年7.5%の経済成長を目指す李克強首相の課題を浮き彫りにして いる。ウクライナ政府はロシアが国境付近の兵力を増強していると警 告。ヤツェニュク首相は金融支援獲得を目指し、ワシントンを訪問して いる。

BMOプライベート・バンクのジャック・エイブリン最高投資責任 者(CIO)はシカゴからの電話取材に対し「まさに中国の成長減速が 毎日のように新興市場株の材料になっているようだ」とした上で「新興 市場株は割安だと思うが、まだ勢いに乗ってはいない」と語った。

原題:Emerging-Market Stocks Fall on China as Russia Ruble Yields Jump(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE