フィッシャー氏:米国は緩和的な金融政策が必要-13日に証言

米連邦準備制度理事会(FRB)の 副議長に指名されているスタンレー・フィッシャー氏は、米国の失業率 はなお高水準にあるとし、引き続き金融当局による大規模な緩和策が必 要だとの認識を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。