ウクライナ:ロシアが国境で兵力増強-道路や港湾も支配下に

ウクライナ政府はロシアが国境付近 の兵力を増強していると警告した。ヤツェニュク首相はワシントンを訪 れ金融支援獲得を目指す。

既にウクライナのクリミア半島を事実上掌握したロシア軍は、ウク ライナ東部との国境に引き続き部隊を配備すると同時に「継続的に兵力 を増強している」と、ウクライナのヤレマ第一副首相がキエフで政府に 報告した。

ロシアが黒海艦隊の基地を置くウクライナのクリミアを占拠したこ とで、冷戦終結以降で最悪の東西対立が生じている。米国と欧州連合 (EU)は制裁をてこにプーチン露大統領に政策転換を迫っているが、 欧州政策センター(EPC)のアナリスト、アマンダ・ポール氏はむし ろ、ロシアの侵攻がウクライナ東部にまで広がる可能性があるとみてい る。

同氏は「クリミアを事実上支配下に収めた今、ロシアは東部に手を 出すことが可能だ」と、ブリュッセルからの電子メールでコメント。さ らに「ウクライナはロシアの侵攻による挑発に乗らないよう最大限の努 力をしているようだが、これでは家に強盗に入られたのに黙って見てい るようなものだ」と付け加えた。

プーチン大統領のペスコフ報道官は12日、ロシアの兵力増強に関す るウクライナの指摘についてコメントを控えた。

2カ月以内にロシアに統合

プーチン大統領はロシア寄りの前政権が倒れた後、ウクライナのロ シア系住民が危険にさらされていると主張し、クリミアに最近樹立され た政権への支持を表明している。クリミア政府は16日、ロシアへの帰属 替えを問う住民投票を実施する計画。

クリミア自治共和国のアクショーノフ首相は12日のインタビュー で、住民投票でロシア帰属が支持されれば、クリミアは2カ月以内にロ シアの一部になることができるだろうと発言。「ロシアとの統合のため の手続きについて議会内のグループとロシア議会が幅広く協議してい る。2カ月より長くかかることはないだろう」と語った。

住民投票に加えてクリミアは自治共和国内にあるウクライナ国営エ ネルギー企業などの資産を国有化する計画だとインタファクス通信が報 じている。

クリミアが分離策を強化

クリミアはウクライナからの分離を強めている。キエフのボリスピ リ国際空港によると、クリミアの首都シンフェロポリはキエフとの航空 便を国民投票が終了するまですべてキャンセルすると発表した。また、 ウクライナの国境警備隊によれば、ロシア軍はクリミア半島に入る道路 をコントロールしているほか、ケルチのフェリー発着所を押さえるとと もに港を封鎖した。

ウクライナは国家「不安定化」への非軍事的対応として、2万人規 模の国家警備隊を創設する可能性があると、アバコフ内相が11日述べて いた。

ウクライナは10日に、歩兵、戦車、砲兵部隊の軍事演習を開始した が、ロシアはこれを危険なことだと考えていると、インタファクス通信 がアントノフ露国防副大臣を引用して報じた。

--取材協力:James G. Neuger、Milda Seputyte、Jake Rudnitsky、Nicole Gaouette、Ott Ummelas、Kathleen Hunter、Marta Waldoch、Andras Gergely、Krystof Chamonikolas.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE