キャンディークラッシュのキング、IPOで76億ドルの評価も

更新日時

人気スマートフォンゲーム「キャン ディークラッシュサガ」を手掛けるキング・デジタル・エンターテイン メントは米国での新規株式公開(IPO)で企業価値が最大76億ドル (約7800億円)と評価される見込みだ。

12日の届け出によれば、エイパックス・パートナーズやベンチャー キャピタル(VC)会社インデックス・ベンチャーズなどが出資するキ ングは1株当たり21-24ドルで2200万株を売却する。IPOの規模は最 大5億3280万ドル(約548億円)に上る可能性がある。キングは調達資 金を運転資金や買収資金に利用する計画で、ニューヨーク証券取引所に 証券コード「KING」で上場を申請している。

IPO価格が仮条件の上限で決まれば、キングの昨年の売上高の4 倍の評価となる。これに対しソーシャルゲーム業界の先駆者である米ジ ンガは6倍。ジンガの農場経営シュミレーションゲーム「ファームビ ル」の「キャンディークラッシュ」にユーザーを奪われ人気が低下して おり、ジンガ株は2011年のIPO以来44%下落している。スターン・ア ギー・アンド・リーチのアナリスト、アービンド・バーティア氏は、ジ ンガに対して割安な評価は「キャンディークラッシュ」の先行きに関す る投資家の懐疑的な見方を映している可能性があると指摘した。

キングのIPOの引き受け業者はJPモルガン・チェースとクレデ ィ・スイス・グループ、バンク・オブ・アメリカ(BOA)。

原題:‘Candy Crush’ Maker King Seeks IPO Valuation Up to $7.6 Billion(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE