米大手企業の海外滞留利益、昨年は21兆円増える-調査で判明

米国の大手企業が本国に送金せずに 海外に滞留させている利益が昨年、2060億ドル(約21兆円)増えた。各 社は米国の課税を避け、法人税率の低い海外に資金を置いたままにして いる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。