アリババ、チャイナビジョンに追加出資-持ち株比率70.8%に

中国最大の電子商取引運営会社アリ ババ・グループ・ホールディングは62億4000万香港ドル(約830億円) を投じ、テレビドラマや映画を手掛けるチャイナビジョン・メディア・ グループ(文化中国伝播)に追加出資する。これに伴いアリババとその 関連企業などによる出資比率は27%から70.8%に上昇する。

チャイナビジョンの香港証券取引所への11日の届け出によると、同 社の新株125億株をアリババ側が1株当たり0.50香港ドルで引き受け る。取得額は2月25日の売買停止前の株価0.64香港ドルを22%下回る水 準。12日に取引再開となったチャイナビジョン株は高騰している。

追加出資によりアリババは、チャイナビジョンのコンテンツの利用 がしやすくなる。アリババは6億1800万人いる中国のオンラインユーザ ーをめぐり、テンセント・ホールディングス(騰訊)やバイドゥ(百 度)と競っている。ブルームバーグがまとめたデータによれば、テンセ ントもチャイナビジョンに8%出資している。

--取材協力:Joshua Fellman.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE