アリババ、チャイナビジョンに追加出資-持ち株比率70.8%に

中国最大の電子商取引運営会社アリ ババ・グループ・ホールディングは62億4000万香港ドル(約830億円) を投じ、テレビドラマや映画を手掛けるチャイナビジョン・メディア・ グループ(文化中国伝播)に追加出資する。これに伴いアリババとその 関連企業などによる出資比率は27%から70.8%に上昇する。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。