PIMCOグロース氏米国債比率縮小-量的緩和年内終了見込む

米パシフィック・インベストメン ト・マネジメント(PIMCO)で世界最大の債券ファンドを運用する ビル・グロース氏は、2月に米国債など米政府関連債の保有を縮小し た。ウクライナ情勢の混乱で安全資産の需要が高まる一方、米連邦準備 制度による債券購入の年内終了を投資家は見込んでいる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。