ドル・円は103円挟み、海外懸念で円買い圧力くすぶる

東京外国為替市場では、ドル・円相 場が1ドル=103円ちょうどを挟んで推移。ウクライナ情勢や中国経済 をめぐる懸念を背景に、リスク回避の円買い圧力がくすぶった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。