ウクライナ混乱で米小麦が13週間ぶり高値-輸出鈍化の見方

シカゴ市場の小麦先物相場が11 日、13週間ぶりの高値を付けた。ウクライナ情勢の混乱により同国から の輸出が遅れるとの見方が高まったことが要因。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。