ロシアの穀物輸出が加速-ウクライナ情勢とルーブル安追い風

ロシアの穀物輸出が加速している。 ルーブル安で国際競争力が高まったことに加えて、調査会社ソブエコン によれば、国際的な商社がウクライナ産穀物をロシア産で一部代替して いるためだ。

ソブエコンのマネジングディレクター、アンドレイ・シゾフ氏が電 話インタビューで明らかにしたところでは、3月のロシアの穀物輸出は 約130万トンと、2月の120万トンから増加する見込み。2月は予想 の100万トンを上回った。

ルーブルは今年に入ってドルに対して10%下落。ブルームバーグが フォローする24の主要新興市場通貨のうち下から2番目のパフォーマン スとなっている。

ロシアによるクリミア制圧で黒海経由の供給が脅かされるリスクが 生じる中で、トウモロコシ価格は今年に入り14%、小麦は8.6%それぞ れ上昇している。

原題:Ukraine Tension to Weak Ruble Seen Boosting Russia Grain Exports(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE