債券は上昇、米債高・株安で買い優勢-中国経済への懸念強まる

債券市場で長期金利は0.625%前後 で推移。中国経済鈍化やウクライナ情勢への懸念が強まる中で、前日の 米国債高や日米株価の下落が相場の支えとなった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。