マウント・ゴックスの米系列会社に資産凍結命令-シカゴ地裁

米シカゴの連邦地裁は11日、東京地 裁に民事再生法の適用を申請した仮想通貨ビットコイン取引所マウン ト・ゴックスの米系列会社マウント・ゴックス・インクに米資産保全を 命じた。

ゲーリー・フェイナーマン判事はこの日の審理後、同系列会社と最 終的な親会社ティバン、それに東京のマウント・ゴックスのマルク・カ ルプレス最高経営責任者(CEO)に所属する資金と資産を凍結する仮 命令を出した。

仮命令は東京を本拠とするマウント・ゴックスの弁護団が列席する 中で出され、資産を凍結される側からの反対はなかった。今回の命令は 破綻した事業体は対象としておらず、25日に期限切れとなる。

東京のマウント・ゴックスは米国の裁判資料で、顧客資産の約75万 ビットコインと自社保有の10万ビットコインが消失したとし、恐らく不 正に引き出されたとしている。消失したビットコインは世界全体に存在 する規模の約7%に相当する。

シカゴでの審理に出席した東京のマウント・ゴックスの弁護士ジョ ン・マーフィー氏はコメントを控えた。

原題:Mt. Gox U.S. Affiliate’s Assets Frozen by Judge in Chicago (1)(抜粋)

--取材協力:Steven Church.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE