東京スター銀の売却に遅れ-中国信託に台湾が是正措置要請で

台湾の金融持ち株会社、中国信託金 融による東京スター銀行の520億円での買収は、台湾当局による承認が 遅れることになった。中国信託金融の銀行部門、中国信託商業銀行で内 部管理に違反が見つかったためだ。

台湾の金融監督管理委員会(FSC)の邱淑貞報道官(銀行局担 当)が11日に電話で明らかにしたところによれば、東京スター銀の買収 を含む中国信託のあらゆる投資案件をめぐる判断は「是正措置が講じら れ、当局がそれを認めるまで」保留される。

FSCの声明によれば、中国信託は1000万台湾ドル(約3400万円) の罰金を科されたほか、状況が是正されるまで海外部門の設立を制限さ れる。

これにより、中国信託および中国信託金融が予定していた14億ドル (約1440億円)規模の事業拡大計画が遅れる可能性が出てきた。中国信 託金融は昨年10月末、東京スター銀と保険会社の台湾人寿の買収を発表 した。

中国信託金融は11日、FSCの結論に従い銀行部門で是正措置を講 じる方針であると台湾株式取引所に届け出た。FSCの邱報道官によれ ば、同行には問題が見つかった上海企業との契約を終わらせ内部規定を 変更する必要があるため、今回の措置が解かれるのに1-3カ月かかる 可能性がある。

台湾当局による中国信託金融への対応などについて、日本の金融庁 の辻村智哉広報担当は「個別案件にはコメントできない」と述べた。東 京スター銀の広報担当者はコメントできる立場にないとしている。

原題:Tokyo Star Sale Delayed by Regulators After Taiwan Bank Breaches(抜粋)

--取材協力:佐藤茂, 油井望奈美, 谷口崇子.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE