ファニーメイとフレディマック株急落-廃止道筋示す法案を嫌気

米株式市場で11日、政府支援機関 (GSE)である住宅金融会社ファニーメイ(連邦住宅抵当金庫)とフ レディマック(連邦住宅貸付抵当公社)普通株の株価が、取引時間中と しては10カ月ぶりの大幅安となった。上院銀行委員会の有力議員が、フ ァニーメイとフレディマックの段階的な廃止の道筋を盛り込んだ超党派 による法案を公表したことが嫌気された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。