ファニーメイとフレディマック株急落-廃止道筋示す法案を嫌気

米株式市場で11日、政府支援機関 (GSE)である住宅金融会社ファニーメイ(連邦住宅抵当金庫)とフ レディマック(連邦住宅貸付抵当公社)普通株の株価が、取引時間中と しては10カ月ぶりの大幅安となった。上院銀行委員会の有力議員が、フ ァニーメイとフレディマックの段階的な廃止の道筋を盛り込んだ超党派 による法案を公表したことが嫌気された。

ファニーメイの株価は11日のニューヨーク市場で一時44%急落した 後に若干値を戻し、31%安の4.03ドルで終了。フレディマックは27%安 の4.04ドルで取引を終えた。優先株も最大12%下落した。ワシントンを 拠点とする株式調査会社ハイト・アナリティクスのマネジングディレク ター、エドウィン・グロシャンズ氏が超党派の法案について、株主にと ってネガティブだと発言したことに反応した。

上院銀行委のティム・ジョンソン委員長(民主、サウスダコタ州) とマイク・クラポ議員(共和、アイダホ州)が公表した法案は、民間資 本が最低10%の損失を被った段階で、ファニーメイとフレディマックの 機能を政府の保証保険が引き継ぐ内容。さらに大部分の住宅ローンの借 り手に対し、最低5%の頭金の支払いを求めている。

原題:Fannie Mae, Freddie Mac Shares Fall on Senate Wind-Down Plan (5)(抜粋)

--取材協力:Christopher Condon、Jody Shenn、Felice Maranz.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE