米国株:下落、銅・原油安受け資源株下げる-中国の成長懸念

米株式相場は下落。中国経済をめぐ り懸念が広がる中で銅や原油相場が値下がりし、それを受けて資源株が 売られた。S&P500種株価指数は先週、過去最高値に上昇していた。

資源会社フリーポート・マクモラン・カッパー・アンド・ゴールド が安い。化学品のデュポンも値下がり。北米での異例の寒さやウクライ ナの混乱で業績が厳しくなるとの見通しを示したことが嫌気された。衣 料小売りのアーバン・アウトフィッターズとアメリカン・イーグル・ア ウトフィッターズも業績予想が期待外れだったことから売られた。

S&P500種株価指数は前日比0.5%安の1867.63。7日には過去最 高値となる1878.04で終了していた。ダウ工業株30種平均はこの日67.43 ドル(0.4%)下げて16351.25ドル。

シェーファーズ・インベストメント・リサーチのシニア株式アナリ スト、ジョー・ベル氏は「中国は重要な銅輸入国だ。株式市場でやや懸 念が広がった」と指摘。「銅は世界経済の健全性と関連するところがあ る。よって資金を引き揚げる動きにつながった可能性はある」と続け た。

銅先物相場は一時3%下落し、2010年7月以来の安値を付けた。中 国で成長減速の兆候から、需要が落ち込むとの懸念が強まった。フリー ポート・マクモランは2.1%下げて30.71ドル。

中国めぐる懸念

中国人民銀行(中央銀行)が10日発表した2月の経済全体のファイ ナンス規模は、市場予想に届かなかった。また今月には太陽光発電関連 メーカー、上海超日太陽能科技が中国本土企業として初めて公募社債が デフォルト(債務不履行)状態に陥った。

TDセキュリティーズのシニア商品ストラテジスト、マイク・ドラ ゴシツ氏(トロント在勤)は「市場参加者は中国の需要シナリオを見直 し始めている。経済データだけでなく、国内初となる社債デフォルトに も注目している」と指摘。「あと何社がデフォルトに陥るだろうか」と 続けた。

米株式相場は前日も中国の輸出減やウクライナ情勢を嫌気し、下落 していた。

S&P500種は2月に4.3%上昇。米連邦準備制度理事会(FRB) のイエレン議長が、米経済は十分力強く、当局による慎重なペースでの 債券購入縮小を乗り切ることができるとの認識を示した。これまで3回 にわたる刺激策が寄与し、S&P500種は12年ぶり安値から176%上昇し ている。09年3月9日始まった米国株の強気相場は6年目に入った。

「二歩進んで一歩下がる」

USバンク・ウェルス・マネジメントのシニア株式ストラテジス ト、ジム・ラッセル氏は「株式相場は、二歩進んで一歩下がるといった 感じのペースで上昇を続けるだろう」とし、「経済の弱さのうちどの程 度が天候要因で、どの程度が真の意味で低調なのか、われわれは精査を 続けている」と述べた。

S&P500種の業種別10指数のうち9指数が下落。エネルギー指数 が最も下げた。原油相場は1.1%安。一時1バレル=100ドルを割り込む 場面もあった。米エネルギー省が発表する先週分の在庫統計は増加が予 想されている。

デュポンは2%安の66.01ドル。時価総額で米最大の化学品メーカ ーである同社は10日の届け出資料で、第1四半期の売上高および利益に ついて、この冬の天候とウクライナ情勢の影響を受けるとの見通しを示 した。

アーバン・アウトフィッターズは4.3%安の35.91ドル。アメリカ ン・イーグル・アウトフィッターズは7.8%下げて13.10ドル。

原題:S&P 500 Retreats From Record Levels as Commodity Shares Slump(抜粋)

--取材協力:Namitha Jagadeesh、Luzi Ann Javier.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE