NY原油(11日):1カ月ぶり安値に下落、在庫増観測で

ニューヨーク原油先物相場は1カ月 ぶり安値に下落。米エネルギー省が発表する先週分の在庫統計は増加が 予想されている。

コンサルティング会社ショーク・グループ(ペンシルベニア州)の スティーブン・ショーク社長は、「市場では供給がダブついている」と 述べ、「このトレンドは続くだろう。ニューヨーク原油先物相場は調整 局面にある。短期的にはバレル当たり98-96ドル程度まで下げるとみて いる」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物4月限は前日 比1.09ドル(1.1%)安の1バレル=100.03ドルで終了。2月11日以来 の安値だった。

原題:WTI Oil Falls to One-Month Low on U.S. Crude Supply; Brent Gains(抜粋)

--取材協力:Grant Smith、Moming Zhou、Maher Chmaytelli.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE