ウニクレディト:8500人削減へ、ウクライナ部門など資産売却も

イタリアの銀行、ウニクレディト の2013年10-12月(第4四半期)決算は、過去最悪となる150億ユーロ (約2兆1500億円)の赤字となった。不良債権引き当てやのれん代償却 が響いた。同行は8500人の削減を含む再建計画を示した。

第4四半期の純損失は前年同期の5億5300万ユーロから拡大した。 オーストリア部門ののれん代を含め、90億ユーロ余りの無形資産の償却 費用を計上した。不良債権引当金は93億ユーロ。

フェデリコ・ギッツォーニ最高経営責任者(CEO)は8500人の削 減やウクライナ部門を含めた資産売却を計画している。この日発表され た5年計画の一環。2014年の純利益は20億ユーロを目指す。

原題:UniCredit Posts Record Loss on Bad Loans, Goodwill Writedown (1)(抜粋) UniCredit in Talks to Sell Ukraine Unit, CEO Says

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE