ウニクレディト:8500人削減へ、ウクライナ部門など資産売却も

イタリアの銀行、ウニクレディト の2013年10-12月(第4四半期)決算は、過去最悪となる150億ユーロ (約2兆1500億円)の赤字となった。不良債権引き当てやのれん代償却 が響いた。同行は8500人の削減を含む再建計画を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。