ECBと日銀は一段の緩和検討を、米は縮小慎重に-OECD

欧州中央銀行(ECB)と日本銀行 は金融政策による一段の景気刺激を検討すべきであり、米金融当局は刺 激策の縮小を慎重に進めるべきだ-。経済協力開発機構(OECD)が このような見解を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。