TOPIXマイナス場面も、海運や素材、輸出弱い-保険や石油は堅調

午後の東京株式市場では、 TOPIXが下落に転じる場面も見られる。日本銀行が金融政策決定会 合で政策方針の据え置きを決定。市場参加者の一部には政策変化への期 待があったため、失望売りにつながった。日銀が輸出動向についての認 識を下方修正したこともマイナス要因だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。