先駆者が一転、招かれざる客に-中国ニッケル銑鉄業者の受難

ニッケル銑鉄を製造する技術は、鉄 鋼業界に革命を起こしたとして評価されていた。そのわずか8年後、大 気汚染対策の強化を宣言した中国では、この事業が苦境に立たされてい る。

劉光火氏はその渦中にいる。中学校中退の劉氏は、ニッケル銑鉄の 製造技術で富を築き、同氏が運営する浙江華光冶煉集団は中国で最も利 益を上げている非上場企業100社のうちの一つに数えられたこともあっ た。ニッケル銑鉄は精錬ニッケルの割安な代替となる。中国各地の製錬 所が同氏に倣い、供給が増えたため世界の価格は下落した。

現在、劉氏の溶鉱炉は遊休状態となっている。地方政府は巨大な煙 突を建設するよりも観光客を呼び込むことを望み、銀行は融資しようと しないという。インドネシアが1月12日、ニッケル銑鉄の原料となる低 品位鉱石の輸出を禁止したことも打撃となり、劉氏が返り咲く可能性は 小さくなってしまった。

中国政府幹部らが大気汚染軽減を目標に掲げる中、自分と同じ運命 をたどる金属関連会社が増えるだろうと、劉氏は語る。オーストラリア のマッコーリー・グループの推計によると、中国のニッケル銑鉄生産は 世界のニッケル供給の25%を占める。昨年34%増加した同国の生産は今 年、伸び悩むと予想されている。

北京安泰科信息発展のアナリスト、徐愛東氏は「劉氏は先駆者だ」 と指摘。大気汚染物質の排出基準強化に加え世界のニッケル価格が変動 しやすくなっているため先駆者である劉氏は困難な状況に陥っていると 述べた。

原題:Nickel Pioneer Shut Out as China Cuts Smokestacks: Commodities(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE