STAP細胞論文、文科省が理研に調査・説明を要求-菅官房長官

理化学研究所の小保方晴子研究ユニ ットリーダーらが作製に成功したと発表した新しい万能細胞「STAP 細胞」をめぐって共同研究者が論文取り下げを呼び掛けた問題で、文部 科学省は理研に速やかな調査と説明を行うよう求めている。菅義偉官房 長官が11日午前、閣議後の記者会見で明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。