JPモルガンM&A助言者を悩ますアジア-伝統的業務に回帰

米JPモルガン・チェースに17年間 在籍するテレス・エスパーディ氏は、アジアに赴任した初めの数週間で 「最初の衝撃」を受けた。一部の顧客は企業の合併・買収(M&A)助 言の手数料支払いを望んでいないという話を3人から聞かされたためだ った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。