金融政策の据え置きを決定、量的・質的緩和を着実に推進-日銀

日本銀行は11日開いた金融政策決定 会合で、政策方針の現状維持を全員一致で決めた。景気が緩やかに回復 する中で物価も1%台前半の上昇基調を維持しており、日銀は当面、昨 年4月に打ち出した量的・質的金融緩和を着実に進める構えだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。