ドル・円が103円前半、日銀が金融政策据え置き-円買い局面も

東京外国為替市場では、ドル・円相 場が1ドル=103円台前半で推移した。日本銀行による金融政策の現状 維持を受け、円買いがやや優勢となる場面もあったが、ドル・円は狭い レンジでの値動きに終始した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。