超長期債が安い、30年債利回り1カ月半ぶり高水準-先物は限月交代

債券市場では超長期債が安い。日本 銀行の黒田東彦総裁の定例会見を控えて買いに慎重となり、次第に売り が優勢になった。新発30年債利回りは1カ月半ぶり高水準に達した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。