ブラジル株:ボベスパは8カ月ぶり安値-中国の成長鈍化懸念で

10日のブラジル株式市場では、指標 のボベスパ指数が昨年7月以来の安値に下落。ブラジル最大の貿易相手 国である中国の成長鈍化懸念で、鉄鉱石生産最大手のヴァーレなど資源 輸出株が売られた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。