クリミア:16日に住民投票-現状維持の選択肢なし

ウクライナ南部のクリミア自治共和 国で16日、ロシアへの編入の是非を問う住民投票が行われる。約150万 人の有権者はロシア編入かウクライナにおける自治共和国の地位の再交 渉のいずれかを選択することになり、現状維持の選択肢はない。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。