新興市場株が続落 -中国の輸出減少で世界景気への懸念強まる

10日の新興市場の株式相場は続落。 中国の輸出が2009年以来最大の落ち込みを示し、世界経済が低迷すると の懸念が広がった。ブラジルのボベスパ指数は弱気相場入りに近づい た。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。