空の安全まだまだ、盗難パスポートで搭乗可能-米テロから12年

消息を絶ったマレーシア航空370便 の乗客の2人が盗難パスポートを使って搭乗していたことは、2001年9 月11日の米同時多発テロ事件から12年半後の今も、空の安全が完全には 確保されていないことを示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。