STAP細胞、共同研究者が論文取り下げ同意を呼びかけ-NHK

理化学研究所の小保方晴子研究ユニ ットリーダーらのグループが作製に成功したと発表した「STAP細 胞」について、山梨大学の共同研究者が10日、論文の取り下げに同意す るように他の著者に呼びかけたとNHKが同日夜のニュースで報じた。

報道によると、同大学の若山照彦教授はインタビューで「研究デー タに重大な問題が見つかり、STAP細胞が存在するのか確信がなくな った」と述べたという。その上で同教授は「論文はいったん取り下げた うえで、外部の人に検証してもらうべきだ」との見方を示したと伝え た。

STAP細胞の論文は科学雑誌「ネイチャー」に掲載され、注目を 集めた。しかし、論文に使われた画像やデータに疑問があると外部研究 者からの指摘が相次ぎ、理研などが現在その調査を行っている。理研は 5日に、再生が成功していないことからより詳細な実験法の解説を発表 している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE