香港株:H株、1カ月ぶり安値-中国貿易統計受け景気懸念

香港株式相場は下落。ハンセン中国 企業株(H株)指数が約1カ月ぶりの安値を付けた。市場予想を下回る 中国貿易統計の弱さを受け、同国が成長目標を達成できないとの懸念が 高まった。

銅先物相場の下落を受け江西銅業(358 HK)は3.3%安。ギャラク シー・エンターテインメント・グループ(銀河娯楽集団、27 HK) が3.2%下げるなど、カジノ株も安い。セメントメーカーの華潤水泥 (1313 HK)は5.3%安。決算発表で利益が予想に届かなかった。中国南 方航空(1055 HK)は3.8%安。消息不明のマレーシア航空機のチケット 7枚を販売したことを明らかにした。

H株指数は前週末比1.8%安の9536.85と、2月5日以来の安値で終 了。ハンセン指数は同395.56ポイント(1.7%)安の22264.93で引け た。

エドモン・ド・ロスチャイルド・アセット・マネジメントのマネー マネジャー、デービッド・ゴード氏(香港在勤)はブルームバーグテレ ビジョンのインタビューで、「貿易統計はかなり弱かった」と指摘。 「今年これまでに発表された中国のマクロ経済統計から判断すると、年 末に7.5%成長に達することはできないだろう。つまり財政刺激策が必 要となる」と述べた。

原題:Hong Kong H-Shares Fall to One-Month Low as China Exports Slide(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE