GPIF目標は賃金上昇プラス1.7%-財政検証へ厚労省報告書

世界最大の年金基金、年金積立金管 理運用独立行政法人(GPIF)を所管する厚生労働省は政府が今春に も実施する5年に1度の公的年金制度の財政検証で、GPIFに課す運 用目標利回りは賃金上昇率を1.7%上回る水準とする報告書をまとめ た。報告書は年金部会(部会長:神野直彦東大名誉教授)に提出され、 財政検証の最終的な計算に向けた枠組み作りに焦点が移る。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。