中国の銀行間短期金利、1年9カ月ぶり低水準-景気鈍化観測

中国の短期金融市場で10日、代表的 な銀行間融資金利が1年9カ月ぶりの低水準となった。国内経済の成長 鈍化に伴い資金需要が弱まっているとの観測が広がった。

銀行間資金の取引センターNIFCがまとめたフィクシングによれ ば、7日物レポ金利は上海時間午前11時(日本時間正午)ごろの時点で 3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.37%。これ は2012年6月1日以来の低水準。先週は113bp低下していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE