債券先物は反発、中国懸念受けた株安や需給良好で-限月交代の動き

債券先物相場は反発。中国経済への 先行き懸念による株式相場の下落や債券需給の良さを背景に買いが優勢 だった。先物市場は中心限月交代に向けた動きが強まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。