米社債保証コスト、低下-マクラッチー債は07年以来の高水準

10日のクレジット・デフォルト・ス ワップ(CDS)市場では、米企業の社債保証コストが小幅低下した。

ブルームバーグの集計によれば、北米企業の信用リスクの指標であ るマークイットCDX北米投資適格指数のスプレッドは、ニューヨーク 時間午後4時53分(日本時間11日午前5時53分)現在、0.1ベーシスポ イント(bp、1bp=0.01%)低下の63.3bp。4日には1月1日以 来の低水準となる62.5bpで終了した。

新聞発行の米マクラッチーの社債は6年超ぶりの高水準となった。 同社が自動車販売情報サイト「カーズ・ドット・コム」事業の売却に向 けて同業他社と交渉しているとの報道が手掛かり。

米金融取引業規制機構(FINRA)の債券価格報告システム、ト レースによれば、2億7620万ドル規模のマクラッチー債(2029年償還、 表面利率6.875%)価格はニューヨーク時間午前10時43分現在、額面1 ドル当たり3.5セント上昇して82.5セント。これは日中取引では07年6 月以来の高水準。利回りは9.03%。

原題:McClatchy Bonds Rise to Highest Level Since 2007 on Sales Talks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE