今週の世界経済:米小売売上高とNZ中銀の政策決定に注目

今週発表の米経済指標では、厳しい 寒波で多くの消費者が外出を控えたため、2月の小売売上高が前月に続 いて伸び悩んだことが示されそうだ。

ニュージーランド(NZ)では、経済成長加速で金融当局による支 援の必要性が減じており、NZ準備銀行(中央銀行)は2010年以来の利 上げを決めると見込まれている。オーストラリアでは、労働市場が回復 力に乏しいことが明らかとなりそうだ。

今週はこのほか、英1月の鉱工業生産指数やブラジルの消費者物価 指数が発表される予定。

ブルームバーグがまとめたエコノミストの予想中央値によると、米 商務省が13日発表する2月の小売売上高は前月比0.2%の増加が見込ま れる。1月は0.4%減だった。昨年12月は同0.1%減少しており、3カ月 の伸び率としては12年5-7月以来の低水準となる見通し。2月の自動 車を除く小売売上高は前月比0.1%増の予想。1月は前月から横ばいだ った。

クレディ・アグリコルCIBのチーフエコノミスト、マイケル・キ ャリー氏(ニューヨーク在勤)はリポートで、「ガソリンと自動車を除 いた小売売上高は天候が原因で全国的に弱かったようだ」と分析。米連 邦準備制度理事会(FRB)の地区連銀経済報告(ベージュブック)で は「2月初めにかけて大半の地域で小売売上高の伸びが軟化したと指摘 されており、『厳しい冬の天候が販売の落ち込みにつながった』と記さ れた」と述べた。

ニュージーランドとオーストラリア

NZ中銀は先進国では今年初めて利上げを実施する中銀となりそう だ。トレーダーとエコノミストは同中銀が13日の金融政策決定会合で政 策金利を過去最低水準の2.50%から0.25ポイント引き上げて2.75%にす ると予想している。

オーストラリア統計局が同日発表する2月の雇用統計では、失業率 が6%(予想中央値)と、過去10年余りで最も高い水準にとどまったと 見込まれている。

原題:Retail Sales in U.S. to New Zealand Rates: Global Economy (抜粋)

--取材協力:Fergal O’Brien、Michael Heath、Matthew Malinowski.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE