インドのランバクシー:リピトール後発薬を再びリコール

第一三共の子会社でインド最大の製 薬企業ランバクシー・ラボラトリーズは、米ファイザーのコレステロー ル降下剤「リピトール」のジェネリック(後発医薬品)の一部をリコー ル(自主回収)する。リピトール後発薬に関しては、2012年11月にもリ コールを行っている。

米食品医薬品局(FDA)がウェブサイトで発表したところでは、 対象は6万4626ボトル。10ミリグラム錠剤用の密封されたボトルに容 量20ミリグラムの錠剤1個が混入しているのが見つかったと、薬剤師か ら指摘を受けたためとしている。

ランバクシーは12年11月にも、ガラスの小粒子が含まれている恐れ があるとしてリピトール後発薬のリコールを発表しており、米当局が検 査を強化していた。インドにある同社の4施設がFDAの基準を満たし ていないとして、米国向け輸出が既に禁止されている。

ランバクシーは今回リコール対象となった医薬品が米ニュージャー ジー州ニューブランズウィックの工場で製造されたかどうかについては 言及を避けた。

KRチョクシー・シェアーズ・アンド・セキュリティーズのアナリ スト、ヒテシュ・マヒダ氏(ムンバイ在勤)は9日の電話取材で、「リ コールがあと1、2回続けばFDAが米工場査察に入る可能性がある」 とコメント。「米市場への医薬品供給を現時点で唯一認められている同 工場は、ランバクシーにとって極めて重要な施設だ」と指摘した。

原題:Ranbaxy Recalls Generic Lipitor Batches in U.S. on Faulty Labels(抜粋)

--取材協力:Ketaki Gokhale.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE