マレーシア航空機捜索で窓の破片発見か-盗難旅券で2人搭乗

クアラルンプール発北京行きのマレ ーシア航空370便の捜索で、ベトナム当局は航空機の窓の破片のような ものを発見したことを明らかにした。当局者に9日夜に電話で接触した が、詳細は公表しなかった。

マレーシア航空のボーイング「777-200」型機(乗客・乗員239 人)は8日に消息を絶った。ベトナム軍は同国の南岸沖で最長15キロの 油膜を発見。オーストリアとイタリア当局は両国の市民から盗まれた旅 券を同機の男性乗客2人が使用していたと公表しており、テロの可能性 も浮上している。

空港の監視カメラには盗難旅券を使用した乗客2人の搭乗前の姿が 映っており、分析が進められている。

原題:Plane-Debris Searchers Recover Suspected Aircraft Window Piece(抜粋)

--取材協力:Manirajan Ramasamy、Alan Levin.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE